エステシェービング

Posted by shelter on 11月 26, 2011

エステシェービング

いわゆる「顔そり」そう、顔のうぶげをそることです

shelterはメンズサロン「BARBER]なのでカミソリを使用してもいい免許を持っています

メンズのお客さんで、肌が敏感だったり・毎日の髭剃りで荒れていたり等といった

方を除けば7割以上の方が、顔そりをされます

そう言ったお客さんによく訊かれるのが

奥さんが顔そり{うぶげそり}をしたいらしいんだけど・・・できると?

もちろん、答えはYESです

顔そりもできますし、ブライダル用の産毛そりもできますが・・・完全個室では無く

shelterは・・・

ほぼ、独り空間です(左右からの視線や店の外からの視線は防げます)

全くの独りも寂しいし、あまり干渉されるのも嫌と言う方にはバッチリです

椅子も2台で予約優先なので、客待ちも質素です

が、ブライダルシェービングで来られた方は5人ですね(2回目は無いですからね)

お顔の産毛そりは定期的に奥様方が来られてます

そこで美肌を創る為のバイブル(shelter内に展示してます)

赤須玲子さんと言う皮膚科医の方の著書です

この本の中で、シェービング(うぶげ剃りの事)をするべきいいポイント

1  ニキビができにくくなる

2  くすみが改善され、肌に透明感がでる

3  メイクののりがよくなり、メイク崩れもしにくくなる

4  肌がスベスベになり、なめらかさや柔らかさが出てくる

といった効果を期待できると書いてあります

逆にNGポイントは、シェービングのやり方にあるそうで

1  カミソリはT字のものより安全カミソリがいい

2  切れ味が悪いと怪我のもとに、切れすぎてもダメなので

   適度に切れ味を落としたものを使用するといい

3  泡では無く、クリームタイプのものを使うと肌を保護しつつ角質を取り除く心配が少なくなる

   (皮膚の最表層にある角質層を削ってしまうと紫外線を受けやすくなり

           メラニン色素がふえシミの原因になることもあるそうです)

4  基本は、毛に対して順目にそる 

    (剃りあがりに毛が太くなって見えたり、断面が青く見えたり肌を傷つけることもなくなる)

5  ケアのタイミングは洗顔後にする、雑菌の進入を防ぐため

6  ケアの頻度は一週間に1回で十分

   (一週間に1回程度なら毛が濃くなる心配も肌の刺激になることもないそうです)

7  禁止事項 ニキビや肌荒れのある方は症状がおさまってから行うこと

簡単に抜粋しましたが、自分で剃られる時のアドバイスになりますかね

(shelterのシェービング道具で、商材は全てフリーです)

自分でお顔そりをされていても、7項目を意識しながら

細かい箇所や左右で聞き手が使いにくく剃りのこし等がでたり、カミソリが怖かったりなどが

あれば、一度来店されてみてください

エステシェービング(顔そりとパック)だけなら1575円で出来ますし

美白パックやマッサージを加える事もできます(追加料金にはなります)

どうしても、お店には・・・と言う方は出張(追加料金は要相談)でも

シェービングは出来ますのでご相談ください

shelterでなくても、近所のBARBERでも「産毛剃り」の相談等はできると思いますよ

                                                ではでは

Trackbacks

Use this link to trackback from your own site.

Comments

Comments are closed.