頭飯   №9   ごま

ゴマの発祥は200年前、アフリカと推定されている

その後、エジプト文明を通じ世界に広がり、インダス文明では医学療法「アーユルヴェーダ」に

ゴマ油が使われるようになり、世界中で体にいいとうたわれ重宝されている

ゴマに含まれる栄養分のなかでも、ゴマリグナンはゴマ特有の坑酸化成文として知られて

ゴマリグナンの種類には、セサミン・セサモリンなどあり

これらは、体内の活性酸素を抑制して肝機能を高めたり

コレステロール値を下げるといった効果や老化防止にも役立ち、毛細血管まで若さを保つ効果が

あることから、毛髪を艶々にしたり太くしたりするともいわれている

ほかにも、ゴマに含まれるタンパク質や鉄分が毛髪の組成えお促し

ナイアシンやビタミンB6なども、毛髪を健康に保つのに非常に効果的です

栄養にとんだゴマは、その美味しさからも世界中で愛され使われる魅力のひとつで

「する・炒る・搾る」など利用方法も様々、日本では料理下手でもゴマを使えば料理の味が

美味しくなってしまうことから「ごまかす」なんて・・・言葉が生まれたらしい。

ごまかす為でなくても、毎日摂取したいものですね

                                            ではでは

前の記事

TUTAYA

次の記事

サンタの贈り物