頭飯(あたまめし) vol.3  ねぎ

寒くなると、必ず出る料理「鍋」それに、ねぎは欠かさないでしょう(僕は苦手です)

日本では古くから、食べられ 今でも ねぎ好きは沢山いますよね

(こんな写真しかなく、ごめんなさい)

そのねぎの白い部分にはビタミンCが多く、葉にはカロテン・カルシウム・ビタミンB1・B2などが豊富で

体を温め発汗作用があり、風邪の予防や疲労回復に効果もあり そのうえ血行を良くしてくれるので髪を作る

毛母細胞へ働きかけ、頭皮にとっても大切な役割をしています

また、ねぎの匂い(これが嫌い)の元になるアリシンと呼ばれる成分は ビタミンB1の吸収を助けたり

血行促進・疲労回復・殺菌などの効果がある

おばぁちゃんの知恵に、喉が痛いときに ねぎを焼いてガーゼに包み巻くと楽になる・・?は したことはあります

この成分の殺菌作用が作用したのかどうか・・・さらに鎮静効果もあるらしく、眠れないときに

みじん切りにして、枕元におくと意外に効くかもしれません

焼いたり煮たり そのうえ 生でも食べれる葱は まさに万能・・です               ではでは