50%濃度のシャンプー

少し意味の解らないタイトルですが、育毛シャンプーの事です

ヘアーShelterに今までストックされている育毛シャンプーでも有効成分20%濃度が一番高く

それでも、他社で使用している物よりは断然多く含まれ どの商品も オイルフリーの物ばかり

で安全安心(全ての方に、合うとは限りません)な商品を販売しています

そして、最近入荷した商品が有効成分50%濃度を実現

「MUMU」ムウムです http://yunet-base.chicappa.jp/fe_baby.html

320gで約二ヶ月(髪の長さにより異なる)使用できます  

太古のパワーと称されている「フルボ酸エキス」これが50%(内容量中)を含み、他にも

ノーベル賞受賞成分「EGF]と「水溶性プロテオグリカン」と「ホウセンカエキス」等も配合されています

フルボ酸とは

植物活性ホルモンとも呼ばれ、キレートミネラル(ミネラルとアミノ酸が分子結合した状態)ビタミン・酵素を

含んだ栄養素の宝庫で、それらを自ら保育し細胞のなかまで運ぶ働きがあり代謝機能、免疫力を高める

ことができるほか、活性酸素の消去、有害物質の排出、酸素活性など体にとってはすぐれた働きをします

EGFとは

ヒトオリゴペプチドー1と言い、細胞の再生を促すたんぱく質の一種で細胞の成長と増殖の調整に重要な

役割を担っていますが、年齢と共に減少することが判明していて(こんなのばかりですね年取ると・・・)

新陳代謝や細胞の再生能力が衰えるとかんがえられて、EGFは傷を受けた皮膚を修復したり、紫外線から

皮膚を守ったりと、皮膚の維持に重要な役割を果たします

水溶性プロテオグリカンとは

サケ鼻軟骨由来のもので細胞の新陳代謝を活発にし、若々しい潤いのある肌えと導きます

ホウセンカエキスとは

抜け毛の原因の一つ男性ホルモン活性因子「5αリラクターゼ酵素」を抑制することがわかっており

81%の方から育毛に効果があったと報告があるそうです(特許データにより)

SHELTERにはこの「5αリラクターゼ酵素抑制にきく他の育毛剤もあります

そのほか保湿効果、抗アレルギー、アトピー性皮膚炎によるかゆみの抑制にすぐれた

安全性の高い成分で、四国では民間薬として白色花弁の焼酎着けがかゆみ止めとして使われているそうです

などなど、長くなりましたがシャンプーと育毛剤が一つになった商品なので 育毛剤をつけるのが

面倒な方には便利だと思います

(写)右側の商品は育毛剤ではなく、フルボ酸を使用した「頭皮・髪・お顔・体」に潤いを与える

アンチエイジング全身ローションです

今までshelterで販売してきたどの商品もこだわりぬいて見つけた物で、中々新商品を見つけれずいましたが

やっと新商品がラインナップに加わり、今ご使用の品に加える事や変える事も出来るように

なりましたので、ご来店の際にご質問等を受け付けますので                 ではでは

50%濃度のシャンプー”へ1件のコメント

この投稿はコメントできません。

前の記事

クリープパーマとは・・・